人間が自身の体内で生成することの出来ない成分が何かをご存知でしょうか?実は、人間が生成行うことの出来ない成分はビタミンCだと言われているのです。人間の体内でビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことをいいます)はコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)を形成し、お肌や血管のために働いていると呼ねれているんですが、ビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことをいいます)が不足してしまうでしょうと、お肌が乾燥してしまったりトラブルを起こしやすくなってしまいます。ビタミンCはお肌の老化の原因になる活性酸素(活性酸素を消す酵素であるSODやその酵素と同様の働きをするといわれているSOD様食品も注目されています)を除去する働きのある抗酸化物質であることもわかりました。ビタミンCが不足することでお肌の潤いが失われて乾燥を起し、その乾燥がお肌のたるみやしみの原因になるといわれているのです。では、乾燥や老化を防ぐためにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。近年、サプリメントでビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)を補給する方も多くなったはずですが、サプリを継続して服用するのは経済的に負担になったりする事もありますよね。そこで、ビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)を豊富に含む食材を紹介したいと思います。例えば、女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)なら一度は聞いたことがあると思いますが、「ローズヒップ」はビタミンCが豊富に含まれていることで有名だと思います。ローズヒップに含まれるビタミンCは普通のビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)と違い、加熱をしてもビタミンCが壊れてにくく体内でも効率良く吸収する事ができます。ローズヒップティーなどはお店でよく見かけますよね。他にも、赤ピーマンやパセリ、水菜などにビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことをいいます)が豊富に含まれているのです。ただ、残念なことにはビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)は水溶性ですから毎日摂取しなけれねダメなのですー